ブログは続けてるうちに成長を感じられるようになるもんだよ

それなりにブログが続くようになってくれば慣れて楽になることもある。

一方で、挑戦を続けていればその度に問題が立ちはだかって、その難しさはどんどんレベルが上がっていくものだ。

慣れてしまってマンネリ化してしまうのも、挑戦し続けて壁にぶち当たってしまうのもブログを続けていく上で大きな課題になるだろう。

 

思えば何かのきっかけでブログに興味を持ち始めて、実際に興味を持っても始める人は少数という状況できみは行動に移してブログを始めることに成功した。

それだけできっと何百人に一人という人間にきみはなったんだ。

 

そんなブログを始められた少数の人間ですら、その後三日も持たず脱落していく人もいる。

一ヶ月経てばまた人が減って、三ヶ月でさらに減る。

半年、一年と時間が経てば経つほどに周りは脱落していって、ずっと走り続けることの難しさというものがよく分かる。

 

こうやって思い返してみると、きみの歩んできた道のりは決して楽な道ではなかったことを知ることが出来る。

思い悩むことはたくさんあっただろうし、何が正解かも分からないままひたすらに走り続けてきたはずだし、嬉しいことや喜ばしいことだってあったはずだ。

でも今ここまで走って来れたのは、ブログをずっと好きでいることが出来て続けて来れたからだろう。

 

その時その瞬間にしかない問題があって、苦労があって、喜びがあったからこそ飽きることなく景色を楽しみながら走るように続けて来れたはずだ。

そうやって過ごした時間はきみにとって忘れられない思い出になっている。

 

そして、走り始めた頃の自分が小さく感じるほどにきみは成長してきた。

一生からすればとんでもなく短い時間かもしれないけれど、ブログと向き合う濃い時間を過ごせてきただろう。

 

何も出来ないと思っていた自分でも、何の取り柄もないと思っていた自分でも、自信がなかった自分でも特別な経験をすることが出来たはずだ。

そうやって得られた経験はすごく価値のあるもので、それだけでも今後の人生をより豊かにしてくれる。

残りの人生がどれほどあるのかは分からないけれど、こうして好きなことをして、楽しんで生きていければきっと面白く生きていけるだろう。

 

何か高い壁が立ちはだかった時も思い出してみればいい。

ブログを始めた頃の自分がどんな思いを持っていたか、その間にどんなしんどいことや嬉しいことがあったのかは全てきみの記憶に刻まれているはずだ。

すでにたくさんの価値あるものを手に入れているんだってことを忘れないで、また前を向こう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました