ブログの記事は当たり前だと思われるようなことを書いてもいい

ブログのネタを探していると、色んなところで話題になっていてみんなが各々の主張をしていることがある。

語り尽くされた話題にいまさら自分が参加するのも気が引けてしまうと思って、結局そのネタを書かずに終わってしまう。

そうやってアウトプットの機会を逃していくと、わざわざ自分が語ることはないかって思うようなことがどんどん増えていってしまう。

 

結局、そういう機会を逃せば逃すほど自分から何かを発信する機会もなくなっていくものだし、機会がなくなればなおさら自分から何かを発信しようと思わなくなってしまう。

これでは完全に悪循環だ。

 

例えすでに誰かが語っているようなことでもきみが思うなりに発信したものは、その誰かが発信したものとは別物だ。

尻込みをして記事を書くことをやめる必要なんかはどこにもない。

ただ単純に埋もれてしまうかどうかって話なだけなんだから、周りを気にすることはないんだよ。

 

会議のように同じ部屋に集められて同じ時間を過ごす中で、自分も同じように思うなんて発言をするのは無駄なことかもしれないけれど、ネット上のブログはそうじゃない。

好きなように発信して誰からも見向きもされなければそれだけの話だし、誰かに刺さるようなものを発信できればそれはそれでいい。

誰が見ているか分からないからこそ、見ている誰かを気にしていてもキリがない。

 

当たり前だと思うようなことは、実際には当たり前なんかじゃないということがほとんどだ。

自分の考えている当たり前が及ぶ範囲は恐ろしいほど狭い。

誰もが同じことを思って考えていると思い込んでしまうのは、狭い世界に自分を押し込めてしまうことになる。

 

当たり前という発想自体をなくしてしまえば、シンプルに自分の思ったことや考えたことを発信することに抵抗もなくなるだろう。

知らない人もいるかもしれない、知っているけどそこまで考えていないかもしれないと思えば別にきみなりに考えたことを発信することだって意味がないわけではないと気づくはずだ。

当たり前っていうのは実は自分の中にしか存在していない幻想にすぎなかったんだ。

 

こうやってまずは自分の中にあるものをアウトプットする機会を作っていくことで、よりアウトプットする機会が巡ってくる。

そして、はじめの一歩を踏み出さなければ少しも前に進むことが出来ない。

中身はどうあれ、まずは少しでもアウトプットすることを習慣にしていかないことには、中身だってついてくることはないんだよ。

DMM FXの評判や口コミの評価について

タイトルとURLをコピーしました